Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪それは先生♪ ・・・ではありませんよ

昨日 友人が遊びに来てくれました。

うちのぼうやは あまり人見知りがなく かまってくれる人が大好きなので 大喜び
「てて!」
と言って 手を引っ張って 自分のお気に入りのおもちゃで遊んだり
「ママ バイバーイ
と 友人と別の部屋に入り ドアを閉めようとします。

そして ぼうやが友人を何と呼んでいたかというと

「しぇんしぇい (先生)」

友人は 学校や幼稚園の先生でも、保母さんでも、お医者さんでも、政治家でも ありません。
なのに 先生と呼ぶ理由は たぶん
 
 病院(病気がちなのでしばしば行きます)で働いている人は
 お医者さんも、薬剤師さんも、看護婦さんも、受付の人も 
 取り合えず「先生」と呼んでいるのを黙認しているから?

 児童館のスタッフの女性を先生と呼んでいるから?
 


他の子のママは 先生と呼ばないので きっと 
子連れではない かまってくれる人は 彼の中で ”先生”という カテゴリに分類されるのでしょう。

とにかく、友人の名前を教えた後も ずっと
「しぇんしぇい」
と呼び続けてました

今度から 男の人は
「”社長さん” って呼ぶんだよ」
と教えたら 面白そうです。
スポンサーサイト

言葉の発達

最近、言葉や表現力の成長がスゴイ!

これまで 
「パパ、 ママ、 まんま、 ねんね」
など 名詞や 固有名詞を並べるだけだったのに

「あっち、 ここ」
なんてゆう 指示代名詞 を使って行きたい所を示したり

「ママ 、 あーくん 
と 誰のものか 教えてくれるようになりました。

そして、昨日 私とお風呂に入ろうとしたら

パパ !」

と言って 服を脱ぐ仕草をし
必死で パパとお風呂に入りたい と主張しました!

私としては、「あいやー」と かなり 寂しかったのですが
パパは 嬉しかったみたい。


だんだん、はっきりとコミュニケーションが取れるようになると
こんな 小さな子が 意思を持って 必死で伝えようとしている姿が いじらしくて ますます かわいい~

しかし、生まれて 1年9ヶ月でここまで 喋れるようになるとは、人間の成長は 神秘だなー

あーくん の むしり事件

ここ数日、自分のことを認識し、伝えることができるようになりました。

とはいえ そんな 大げさなことではないのですが、
今まで いくら教えても 分かってないようなそぶりだったのに、
自分自身や自分の洋服・食器などを指して
「くん」
「あーくん」
「まーくん の!」
と 言えるようになってきました。

自他の区別 とか 自我の芽生え とか
そういうことかしら!?
わー、成長だな~ なんて しみじみ


そのまっくんは、春になり お花が大好きになりました
よく 庭の花や 道端の花を摘んできます。
それを 活けてあげると
「どーぞー」
と よこせと要求します。
(まっくんは「どうぞ」も「ちょうだい」もごっちゃです

そして それを・・・
片っ端から むしって 遊ぶのが大好き

今日も 
(一人でおとなしく 遊んでるなー)
と みると

なんと

ゴキブリの羽を ちぎってたのーーー!!!

いやーーーーー

ちょっと 説明させていただくと
うちに 日常的に うようよ ゴキさんがいるわけでは 断じてなく
以前 窓を開け放していた際 1階ベランダから 入ってきたと思われます。
それを 捕獲する為に ゴキブリホイホイを 家中に仕掛けたことがあり 
廃棄するのを忘れていた タンスと壁の隙間に 入れておいたものを 器用にも 棒のようなもので 取ったらしい。
それを 開いて…

きゃー、恐ろしい

なんとか 片付けて 手を洗わせたけど
男の子だから これからも 虫系の事件はおこりそうで コワイ

初めての歯医者

先々週から、風邪→ウイルス性胃腸炎→みずぼうそうとなり、2週間缶詰状態でした。
親子共々、辛かった~
でも、旦那様や両親、兄弟が助けてくれて 本当にありがたく、絆が強まったかも

でも、缶詰状態なのに なぜ 他の病気にうつるの!?
と不思議。
やっぱり、通院中、もしくは病院内(可能性高し!) 
でうつったんでしょう。


ところで、今日はまっくんが歯医者デビューしました

育児雑誌を読み 

”歯に他より濃い白色があったら虫歯かも”
          ・・・「ある!
”1歳半になったら歯に虫歯予防のフッ素を塗ってもらおう”
          ・・・「もう1歳8ヶ月だ

ということで、地元の小児歯科をネットで調べて 行ってきました。


本人の機嫌や治療内容など、かなり不安。

待合室は、小児歯科というだけあり 飽きないように たくさん おもちゃやビデオが置いてあって 助かった

先生も優しくて 説明を十分にしてくれたので とても気持ち良く 子供をみてもらえました。

一番心配だったのが 一人で座って 治療が 受けられるんだろうか 
ということ。
大人も治療する歯医者さんなので、治療台は大人用。
これにまっくんを座らせました。

本人は、初めての場所で 珍しいものが色々置いてあったので 
呆然とした感じで おとなしく座ってくれました。
先生も
「1歳で ここまで堂々と座れるのは立派だ」
と褒めてくれました。

治療中、衛生士さんと先生 二人がかりで上手に まっくんの口を開けていました。
まっくんは 「ママ!ママ!」と泣いてしまったけど、比較的 手早く治療が終わりました。
終わるとケロッとして 2-3人いた衛生士のお姉さん全員に
バイバイ
と手を振っていたので わが子ながら 立ち直りの早さに感心しました。
さりげなく、先生が
「僕には 手を振ってくれない・・・
といじけていて なごみました。

診察結果は、
「歯石がついているだけだったので取りました」
とのことでほっ

フッ素は 1週間ごとに3-4回塗ると 終了だそうです。
保険の範囲内でやってくれて、治療代も大してかからず、行ってよかったなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。